建築写真撮影・運用は名古屋を拠点に活動する建築写真探偵

写真撮影の記事一覧

内観撮影のすべて!内観撮影の極意を徹底解説【2024年版】

内観撮影のすべて!内観撮影の極意を徹底解説【2024年版】

  • 初心者向けQ&A
  • 建築写真撮影
  • 建築写真撮影初心者向け
  • 未分類

この記事では、内観撮影のテクニックと知識を徹底解説します。 プロのカメラマンが教える基本から応用まで、内観撮影のポイントを詳しく説明します。適切な機材の選定、基本設定のコツ、撮影テクニック、ライティングの工夫、編集の方法…

初心者向けQ&Aを深掘り!【新築戸建て】の建築写真撮影について

初心者向けQ&Aを深掘り!【新築戸建て】の建築写真撮影について

  • 初心者向けQ&A
  • 建築写真撮影
  • 建築写真撮影初心者向け

この記事では、新築戸建て住宅の建築写真撮影に関する注意点を初心者向けにQ&A形式で紹介します。 多角的な視点からの撮影方法、天候や時間帯の選び方、色彩の表現、庭や周囲の環境の撮影方法、そして避けるべきポイントにつ…

初心者向けQ&Aを深掘り!建築写真撮影時の【カメラの設定】について

初心者向けQ&Aを深掘り!建築写真撮影時の【カメラの設定】について

  • 初心者向けQ&A
  • 建築写真撮影
  • 建築写真撮影初心者向け

この記事では、建築写真撮影に初めて挑戦する方や、自分のスキルをさらに磨きたい方向けに、カメラの設定についての詳しいQ&Aを提供します。 基本的な撮影設定からレンズの選択、フィルターの使用、撮影モードの選び方まで、…

初心者向けQ&Aを深掘り!【新築戸建て】の建築写真撮影について

初心者向けQ&Aを深掘り!【新築戸建て】の建築写真撮影について

  • 初心者向けQ&A
  • 建築写真撮影
  • 建築写真撮影初心者向け

この記事では、新築戸建ての建築写真撮影について、初心者でも簡単に理解できるようなQ&A形式で詳しく解説しています。 撮影の準備から撮影後の処理まで、一連の流れを丁寧に説明し、撮影の際に注意すべきポイントも明らかに…

竣工写真撮影で必要な【機材一式】初心者必見

竣工写真撮影で必要な【機材一式】初心者必見

  • 建築写真撮影
  • 建築写真撮影初心者向け

この記事では、建築写真撮影に取り組む初心者が必要とする一式の機材を詳細に説明しています。 カメラ本体からレンズ、三脚、ストロボ、ドローンに至るまで、撮影を始めるために知っておくべきすべてを網羅しています。また、それぞれの…

竣工写真撮影入門:適切な【ISO】の設定

竣工写真撮影入門:適切な【ISO】の設定

  • 建築写真撮影
  • 建築写真撮影初心者向け

この記事では、竣工写真撮影を始めたばかりの方でも理解できるように、ISO設定の基本から適切な使い方、一般的な問題点とその解決策までを包括的に解説します。 シーンに合わせたISO設定の調整方法や、夜景撮影でのISOの選択な…

竣工写真撮影入門:適切な【シャッタースピード】

竣工写真撮影入門:適切な【シャッタースピード】

  • 建築写真撮影
  • 建築写真撮影初心者向け

この記事では、竣工写真撮影におけるシャッタースピードの理解と活用について解説します。 シャッタースピードとは何か、基本的な設定方法から選び方、日中や夜間での撮影における設定のポイント、また特定のシチュエーションでの活用法…

【2024年版】竣工写真撮影での【カメラ選び】初心者必見!

【2024年版】竣工写真撮影での【カメラ選び】初心者必見!

  • 建築写真撮影
  • 建築写真撮影初心者向け

この記事では、建築写真撮影、特に竣工写真撮影において最適なカメラの選び方について詳しく解説します。 初心者の方でも分かりやすいように、カメラの基本的な性能やメーカーごとの特徴、そしてカメラ選びのポイントまで網羅しています…

【2024年版】建築写真を磨く!【Photoshop】初心者向けレタッチ全解説

【2024年版】建築写真を磨く!【Photoshop】初心者向けレタッチ全解説

  • 建築写真撮影
  • 建築写真撮影初心者向け

この記事では、建築写真の魅力とその撮影・レタッチの基本について解説します。 Photoshopを用いた色調補正や明度調整、そしてその他のテクニックから、より鮮やかで引き立つ建築写真を創り出す方法まで、初心者向けに分かりや…

自社サイトの【SEOを強化】するための建築写真活用

自社サイトの【SEOを強化】するための建築写真活用

  • Webマーケティング
  • 建築写真運用

この記事では、自社サイトのSEOを強化するための画像コンテンツとして建築写真をどのように活用するかを、具体的な手法と事例を交えながら詳しく解説します。 初心者から上級者まで、どんなレベルの方でも理解できるように、基本的な…

建築写真の魅力を引き立てる!【垂直性を確保】する技術とその重要性

建築写真の魅力を引き立てる!【垂直性を確保】する技術とその重要性

  • 建築写真撮影
  • 建築写真撮影初心者向け

この記事では、建築写真の魅力を最大限に引き立てるために重要な、建築物の線の垂直性の確保について詳しく解説します。 初心者から経験者まで、どんなレベルのカメラマンにも役立つ内容となっており、建築写真撮影における垂直性の重要…

建築写真撮影初心者必見!【焦点距離】についての深掘り

建築写真撮影初心者必見!【焦点距離】についての深掘り

  • 建築写真撮影
  • 建築写真撮影初心者向け

撮影においては、レンズの焦点距離を適切に選択することが重要であり、それによって作品の印象や表現力が大きく変わります。この記事を通じて、焦点距離の基本から、その選択のポイント、さらには各焦点距離での撮影のポイントまでを学ぶ…

初心者向け|竣工写真撮影における最適な【レンズ選択】ガイド

初心者向け|竣工写真撮影における最適な【レンズ選択】ガイド

  • 建築写真撮影
  • 建築写真撮影初心者向け

竣工写真撮影は、ただ建物を写すだけではなく、その建築物が持つ特性や魅力を最大限に引き立てる芸術です。そのため、適切なレンズの選択は、印象的な竣工写真を撮影するために非常に重要な要素となります。 この記事では、竣工写真撮影…

プロが明かす!【広角レンズ】で建築写真を撮る際の秘訣と歪み解消法【2024年版】

プロが明かす!【広角レンズ】で建築写真を撮る際の秘訣と歪み解消法【2024年版】

  • 建築写真撮影
  • 建築写真撮影初心者向け

この記事では、広角レンズを使用した建築写真撮影時に生じる建物の歪みについて詳しく解説します。どのように注意すべきなのか、そしてその歪みをいかに適切に補正するかについて、初心者から上級者までが理解しやすい形でご紹介します。…

【商業施設・店舗】の建築写真撮影|初心者向け解説

【商業施設・店舗】の建築写真撮影|初心者向け解説

  • Webマーケティング
  • 建築写真撮影
  • 建築写真撮影初心者向け

はじめに: 商業施設・店舗の写真撮影、なぜ重要? どんなに素晴らしい商品やサービスを提供している商業施設や店舗でも、その魅力を上手く伝えることができなければ、多くの顧客を惹きつけることは難しいです。そのために必要なのが、…

【新築戸建住宅】の建築写真撮影マスター!初心者向けに秘訣を伝授!

【新築戸建住宅】の建築写真撮影マスター!初心者向けに秘訣を伝授!

  • 建築写真撮影
  • 建築写真撮影初心者向け

この記事では、新築戸建て住宅の建築写真撮影における、準備から撮影方法、編集・加工、そして成果物の活用まで、初心者向けに網羅した解説を行います。写真撮影のコツや機材選び、室内外の撮影ポイントを学ぶことで、プロ並みの建築写真…

【2024年版】初心者向け!【透視補正(水平・垂直)】で建築写真を見違えるほど美しくする

【2024年版】初心者向け!【透視補正(水平・垂直)】で建築写真を見違えるほど美しくする

  • 建築写真撮影
  • 建築写真撮影初心者向け

透視補正は、建築写真の撮影後のレタッチ作業の一部で、建物の線が水平・垂直になるように調整する技術です。この技術を使うことで、建物が立っているように見える自然な写真に仕上げることができます。 透視歪みの原因と対策 透視歪み…

プロも実践する建築写真撮影の秘策!失敗知らずの撮影方法を専門家が解説

プロも実践する建築写真撮影の秘策!失敗知らずの撮影方法を専門家が解説

  • 建築写真撮影

この記事では、「究極の建築写真撮影術!絶対に失敗しないコツとポイント」について解説しています。 カメラやレンズの選び方、三脚の活用方法、光と影のバランスの取り方、撮影時の天候や時間帯の選び方、建築物の角度や構図の工夫、イ…

建築写真撮影入門:初心者でもマスターできる建築写真撮影

建築写真撮影入門:初心者でもマスターできる建築写真撮影

  • Webマーケティング
  • 建築写真撮影
  • 建築写真運用

建築写真は、建物の魅力や特色を際立たせ、歴史的・文化的背景を伝えるだけでなく、建物価値を向上させる上でも非常に重要です。 建築写真を撮影するときは、適切なアングルや撮影手法を選ぶ必要があります。また、天気や撮影時間にも配…

建築写真を撮るなら必見!必要な機材と選び時のポイントを解説

建築写真を撮るなら必見!必要な機材と選び時のポイントを解説

  • Webマーケティング
  • 建築写真撮影
  • 建築写真運用

この記事では、建築写真撮影に必要な機材について紹介しています。建築物を美しく撮影するために必要なボディとレンズ、シフトレンズ、三脚、フィルター、脚立、ストロボ、レフ板について解説しています。また、写真のレタッチについても…

運用開始までの流れ

  1. 1

    お打ち合わせ
    ヒアリング

    担当者よりご連絡いたします。
    ご希望内容、御社の経営課題のヒアリング、私たちの詳細なご紹介・事例の紹介等をさせていただきます。

  2. 2

    ご契約

    ご契約書をご確認いただき、ご契約を取り交わさせていただきます。

  3. 3

    運用開始

    ご契約プランに沿った施策提案を行います。
    毎月のミーティングで新規ご提案・振り返りを行っていきます。

まずはヒアリングを
させていただきます
お気軽にご相談ください!

ご相談は無料です!

大変ありがたいことに、多数のご依頼を頂いております。
ご依頼いただいている案件に注力するために、マーケティング・運用の新規受付を一時ストップしております。
建築写真撮影のみの受付(半日 65,000円〜、終日 80,000円〜)となりますことをご承知おきください。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

料金に関するよくあるご質問

Q

料金プランを途中で変更することはできますか?

A

可能です。
ご要望に応じてプランを再提案させていただきます。
※ご契約後初めの6ヶ月間のプラン変更はできません。

Q

請求書対応は可能ですか?

A

可能です。
月末締め翌月末お支払にてお願いしております。

Q

たくさん棟数があるので安くして欲しい

A

可能な限り対応いたします。まずはご相談ください。

建築写真とWebマーケティングの重要性

建築写真撮影とウェブマーケティングは、建築業界において密接な関係性を持っています。美しい建築写真は、視覚的な魅力を引き出すための重要な要素であり、ウェブマーケティング戦略においても大きな役割を果たしています。建築写真は、企業のブランディングやプロジェクトの宣伝、顧客獲得に役立つため、高品質な写真を撮影し、効果的に活用することが求められます。

ウェブマーケティングにおける建築写真の役割

ウェブマーケティングにおいて、建築写真は多くの役割を果たしています。まず、視覚的な魅力を提供し、人々の注目を集めます。そのため、ウェブサイトやSNSでの投稿に美しい建築写真を使うことが、ユーザーの興味を引くポイントとなります。また、建築写真を使用することで、コンテンツの質が向上し、ユーザーエンゲージメントを高めることができます。さらに、SEO対策においても、キーワードと連動した画像を使用することで、検索エンジンの評価を向上させることが可能です。

SNSプラットフォームでの建築写真の活用方法

SNSプラットフォームでは、建築写真を効果的に活用することで、フォロワーの獲得やブランドの認知度向上につながります。InstagramやPinterestでは、美しい建築写真を投稿し、ハッシュタグを活用することで、多くの人々にリーチできます。また、TwitterやFacebookでは、建築関連の情報をシェアし、リンクを張ることで、ウェブサイトへの誘導を促すことができます。さらに、LinkedInでは、企業のプロジェクトの進捗や成果をアピールするためのビジュアル素材として、建築写真を活用することができます。

SEO対策と建築写真の最適なキーワード選定

建築写真をウェブマーケティングに活用する際には、SEO対策も重要です。以下のポイントに注意して、建築写真のキーワード選定を行いましょう。

関連性の高いキーワードの選択

  • 建築物の名称や場所、デザイナーや建築家の名前など、関連性の高いキーワードを選択してください。
  • 建築物の特徴やスタイル、素材など、独自性のある要素をキーワードに加えましょう。
  • ターゲット地域や市場に特化したキーワードを選ぶことで、より効果的なSEO対策が可能です。

ターゲットユーザーの検索傾向を考慮

  • ターゲットとなるユーザーが検索しそうなキーワードやフレーズを考慮しましょう。
  • GoogleキーワードプランナーやGoogleトレンドなどのツールを活用して、ユーザーの検索傾向を分析しましょう。
  • ユーザーが求める情報や解決策を提供できるキーワードを選ぶことで、ユーザーエンゲージメントを高めることができます。

ロングテールキーワードの活用

  • ロングテールキーワードを活用して、競合他社との差別化を図りましょう。
  • ロングテールキーワードは、検索ボリュームが低いものの、コンバージョン率が高いとされています。
  • 建築物の特徴やデザインコンセプト、ターゲット市場などを組み合わせたキーワードを選ぶことで、より効果的なSEO対策が可能になります。

ウェブサイトやブログでの建築写真の効果的な活用方法

ウェブサイトやブログでは、建築写真を以下のように効果的に活用することができます。

  • 魅力的なビジュアルでトップページやランディングページのデザインを向上させましょう。
  • 記事やプロジェクト紹介などのコンテンツに美しい建築写真を組み込むことで、ユーザーの興味を引き付けましょう。
  • ブログ記事では、建築写真を使って視覚的に情報を伝えることで、読者に理解を促しましょう。

建築写真撮影のポイント

建築写真撮影においては、以下のポイントに注意して撮影しましょう。

光の角度や時間帯を考慮

  • 光の角度や時間帯を考慮して、建築物の特徴を引き出す撮影を行いましょう。
  • 朝日や夕日などの自然光を利用して、建築物の質感や陰影を効果的に表現しましょう。
  • 夜間の撮影では、照明やライトアップを活用して、建築物の雰囲気を演出しましょう。

遠近感やパースを意識した撮影

  • 遠近感やパースを意識して、建築物の空間を効果的に表現しましょう。
  • 広角レンズやズームレンズを使い分けて、建築物の大きさや形状を際立たせましょう。
  • 立体感を強調するために、低いアングルや高いアングルから撮影してみましょう。

独自性のある視点やアングルで撮影

  • 独自性のある視点やアングルで撮影し、他と差別化した写真を撮りましょう。
  • 建築物のディテールや特徴的な要素をクローズアップして、注目を集める写真を撮影しましょう。
  • 建築物と周囲の環境を組み合わせた風景写真で、建築物の存在感を強調しましょう。

建築写真のレタッチ方法

建築写真をさらに魅力的にするために、レタッチも重要です。以下のポイントに注意してレタッチを行いましょう。

色調補正や明るさ・コントラストの調整

  • 色調補正や明るさ・コントラストの調整を行い、画像の全体的なバランスを整えましょう。
  • カラーバランスや彩度を調整して、建築物の色彩を鮮やかに表現しましょう。
  • シャドウやハイライトの調整で、建築物の陰影をより立体的に見せましょう。

不要な要素の消去と特徴の強調

  • 不要な要素をリタッチツールで消去し、建築物の特徴を強調しましょう。
  • 人物や車などの邪魔な要素を取り除いて、建築物に焦点を当てましょう。
  • 配線や看板など、建築物の美観を損ねる要素を修正または削除しましょう。

HDR(High Dynamic Range)技術の活用

  • HDR(High Dynamic Range)技術を活用して、光と影のバランスを最適化しましょう。
  • 複数の露出設定で撮影した写真を組み合わせて、ダイナミックレンジを広げることで、リアルな画像を再現しましょう。
  • 過度なHDR処理は画像の自然さを損ねるため、適度な範囲で調整しましょう。

まとめ

建築写真はウェブマーケティングにおいて非常に重要な要素です。撮影やレタッチに関するポイントを押さえて、魅力的な建築写真を作成しましょう。また、SEO対策を行いながら、ウェブサイトやSNSでの活用方法も考慮して、効果的なウェブマーケティングを実現しましょう。

建築写真テックの特徴について

専門の建築写真フォトグラファー集団を組織

建築写真運用において、高品質な写真を撮影することは不可欠です。建築写真を撮影するには、豊富な経験と技術が必要となります。建築写真テックでは、専門的な建築写真フォトグラファー集団を組織し、常に高品質な写真を提供しています。

Webマーケティングのプロによる施策提案

建築写真テックには、Webマーケティングのプロが多数在籍しています。Webマーケティングのプロによる徹底的な集客戦略により、建築写真の運用を通じてブランディングやプロモーションが行われます。Webマーケティングのプロと経験豊富なフォトグラファーが協力して、最大限の効果を発揮します。

包括的な経営課題の解決

建築写真テックは、Webマーケティングのプロとフォトグラファーが協力し、企業の様々な課題に包括的に対応します。競合他社や潜在顧客層の調査、営業資料や動画制作、採用サイトの制作など、多岐にわたる課題に対応します。こうした包括的なアプローチにより、建築写真テックは企業の経営課題を効果的に解決します。

以上のように、建築写真運用の重要性と、建築写真テックの特徴について説明しました。建築写真運用は美しい写真を撮ることだけではなく、現状の問題を解決するために必要不可欠です。建築写真テックは、専門的な建築写真フォトグラファー集団とWebマーケティングのプロが協力し、包括的に企業の経営課題を解決することができます。建築写真運用は、建築写真テックにお任せください。