建築写真撮影・運用は名古屋を拠点に活動する建築写真探偵

初心者必見!建築写真の外観撮影テクニック【2024年版】

この記事では、建築写真の外観撮影に必要なテクニックや知識を初心者向けに詳しく解説します。

撮影機材の選び方から基本設定、効果的な撮影テクニック、そして撮影後の編集方法まで、プロのカメラマンのような写真を撮るためのステップを紹介します。これを読めば、外観建築写真の撮影スキルを向上させることができ、理想的な写真を撮影できるようになるでしょう。

とても長い記事なので、必要な箇所のみ目次からさっと確認する程度でも理解ができるように解説しています。

目次

建築写真撮影の基礎知識|プロが教える!建築写真撮影の基本と重要ポイント

内観写真|建築写真撮影の建築写真テック

建築写真とは?

建築写真は、建物や構造物の美しさと機能を捉えるための写真撮影です。建築写真家は、建物の設計、質感、光と影のバランスを強調することに注力します。これにより、建物の美的価値や機能的特徴を視覚的に伝えることが可能になります。建築写真は、建築物の物語を語るための重要な手段です。そのためには、建物の全体像だけでなく、ディテールや使用されている素材、周囲の環境との調和を捉える必要があります。

建築写真には、以下のような目的があります:

  1. アーキテクトの意図を伝える:建築家が意図したデザインの特徴やアイデアを視覚的に表現します。
  2. マーケティングとプロモーション:不動産の販売やレンタル、建築プロジェクトのプレゼンテーションに利用されます。
  3. ドキュメンテーション:建築プロジェクトの進捗や完成状態を記録するために使用されます。
  4. 教育と研究:建築の学習や研究において、実際の建物の例を提供します。

外観撮影の重要性

外観撮影は、建物の全体像とその周囲の環境を一体として捉えることが求められます。特に商業施設や公共建築の場合、外観の印象がプロジェクトの評価に大きな影響を与えます。外観撮影の主な目的は、建物の外観デザイン、形状、材料、そしてその建物がどのようにその周囲の環境と相互作用しているかを示すことです。

外観撮影の重要なポイントは以下の通りです:

  1. 全体のコンテクストを示す:建物が周囲の環境とどのように調和しているか、または対比しているかを示します。これにより、建物がその場所にどのようにフィットしているかを理解できます。
  2. デザインの特徴を強調:特定のデザイン要素、例えばファサードのパターン、窓の配置、屋根の形状などを強調することで、建築家の意図や建物の独自性を表現します。
  3. 時間と季節の影響:光の変化、影の動き、季節による外観の変化を捉えることで、建物の多様な表情を記録します。これにより、建物が異なる条件下でどのように見えるかを理解する手助けとなります。
  4. 機能性の提示:建物の機能的な側面を示すことで、その実用性や利便性を視覚的に伝えることができます。例えば、エントランスの配置やアクセスルートの明確さなどが含まれます。

詳細なテクニック

  1. ゴールデンアワーの活用:日の出や日の入り時の柔らかい光は、建物を美しく照らし、陰影を際立たせます。
  2. 広角レンズの使用:広角レンズは、広範囲を一度に撮影でき、特に大規模な建物や狭い場所での撮影に適しています。
  3. シフトレンズの使用:シフトレンズを使用することで、建物の垂直線が歪まないように補正し、自然な見え方を保ちます。
  4. 三脚の使用:安定した撮影が可能になり、長時間露光や低照度条件でも鮮明な写真を撮ることができます。
  5. ドローン撮影:高所からの俯瞰撮影により、建物とその周囲の全体像を捉えることができます。

編集と補正

  1. レンズ歪みの補正:編集ソフトを使用して、レンズによる歪みを補正し、自然な見え方に整えます。
  2. カラーコレクション:色調整を行い、現実の色に近づけることで、建物の本来の姿を再現します。
  3. HDR合成:異なる露出の写真を合成することで、広いダイナミックレンジを持つ画像を作成し、明暗差の大きいシーンでも細部を捉えます。

プロカメラマンの役割

プロの建築写真家は、技術的な知識と芸術的な感性を駆使して、建物の魅力を最大限に引き出します。彼らは以下のようなスキルを持っています:

  1. 高度な機材操作:高性能カメラや特殊レンズの使用方法を熟知しています。
  2. 光の理解:自然光や人工光を効果的に利用し、建物の質感や形状を強調します。
  3. 構図の技術:視覚的に魅力的でバランスの取れた構図を作り出します。
  4. 編集能力:ポストプロダクションでの編集作業を通じて、写真の品質を高めます。

これらの技術を駆使することで、建物の美しさと機能性を効果的に伝えることができます。

外観撮影に必要な機材|これだけは揃えたい!建築写真に必須の撮影機材リスト

外観写真|建築写真撮影の建築写真テック

初心者向けカメラの選び方

初心者にはフルフレームカメラがおすすめです。フルフレームカメラは高解像度で詳細な写真を撮影できるため、建築のディテールや質感を正確に捉えることができます。また、フルフレームカメラは広いダイナミックレンジを持っているため、明暗差の激しいシーンでも詳細を逃さずに撮影できます。具体的には、以下のようなモデルが初心者に向いています:

  1. Canon EOS R5:高解像度のセンサーと優れた色再現性を持ち、建築写真に最適です。
  2. Nikon Z7 II:高画質で信頼性の高いフルフレームミラーレスカメラです。
  3. Sony A7R IV:高解像度と優れたオートフォーカス性能を兼ね備えています。

広角レンズとシフトレンズの選定

広角レンズは建物全体を捉えるために必須です。広角レンズを使うことで、狭い場所でも広範囲の風景や建築物を一度に撮影することができます。特に、焦点距離が16mmから35mmの範囲のレンズが一般的に使用されます。具体的なおすすめレンズは以下の通りです:

  1. Canon EF 16-35mm f/2.8L III USM:広い視野角と高い光学性能を兼ね備えています。
  2. Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED:優れたシャープネスと耐候性を持つレンズです。
  3. Sony FE 16-35mm f/2.8 GM:高解像度と優れたボケ味を提供します。

シフトレンズ(ティルトシフトレンズ)は、建築写真において透視補正を行うために非常に役立ちます。シフトレンズを使うことで、建物の垂直線を正確に保つことができ、自然な見え方を実現できます。特に以下のモデルが推奨されます:

  1. Canon TS-E 24mm f/3.5L II:広角かつ高性能なティルトシフトレンズです。
  2. Nikon PC NIKKOR 19mm f/4E ED:広角で細かい調整が可能なティルトシフトレンズです。
  3. Samyang T-S 24mm f/3.5 ED AS UMC:コストパフォーマンスに優れたティルトシフトレンズです。

三脚と照明の活用法

三脚は安定した撮影を可能にし、特に長時間露光にも対応できます。三脚を使用することで、手ブレを防ぎ、シャープでクリアな写真を撮ることができます。以下の点に注意して選ぶと良いでしょう:

  1. 安定性:重いカメラやレンズでも安定して支えることができるもの。
  2. 高さ調整:撮影の角度や視点を自由に変えられるように、高さを調整できる機能が必要です。
  3. ポータビリティ:軽量で持ち運びやすいものを選ぶと、ロケ撮影の際に便利です。

具体的には、以下の三脚が推奨されます:

  1. Manfrotto MT055XPRO3:耐久性と安定性に優れたプロフェッショナル向け三脚です。
  2. Gitzo GT2542 Mountaineer:軽量で高い安定性を誇るカーボンファイバー三脚です。
  3. Benro Travel Angel FTA28CV1:旅行用に適した軽量かつ堅牢な三脚です。

外部照明は、特に夜間や薄暗い条件での撮影に有効です。照明を使用することで、建物のディテールや質感を強調し、均一な照明条件を提供することができます。以下のポイントに注意して選ぶと良いでしょう:

  1. ポータブルライト:持ち運びしやすく、設置が簡単なもの。
  2. 光量調整:明るさを調整できる機能があると、撮影シーンに合わせた照明が可能です。
  3. バッテリー駆動:屋外での使用を考慮し、バッテリーで駆動するものが便利です。

具体的には、以下の照明器具が推奨されます:

  1. Godox SL-60W:高輝度で調整可能なLEDビデオライト。
  2. Aputure AL-M9:コンパクトで持ち運びに便利なLEDライト。
  3. LitraTorch 2.0:小型で防水性の高いポータブルLEDライト。

これらの機材を適切に活用することで、初心者でもプロフェッショナルな建築写真を撮影することができます。

 

撮影の基本設定|完璧な一枚を撮るための建築写真基本設定ガイド

内観写真|建築写真撮影の建築写真テック

ISO感度の適切な設定方法

ISO感度は、カメラのセンサーが光をどれだけ敏感に感知するかを決定する設定です。ISO感度が高いほど、少ない光量でも撮影が可能ですが、ノイズが増えるリスクがあります。建築写真においては、ノイズを最小限に抑えることが重要ですので、可能な限り低いISO感度(ISO 100-400)の範囲内で設定します。低ISO感度を選択することで、画質が向上し、詳細なディテールを保持したクリアな画像が得られます。

ISO感度の設定は、光の条件によって調整が必要です。明るい日中の撮影ではISO 100-200が適していますが、薄暗い環境や室内撮影ではISO 400まで上げることが許容されます。さらに暗い環境では、三脚を使用して長時間露光することで、ISO感度を低く保ちつつノイズを抑えることができます。

絞り値とシャッタースピードの調整

絞り値(アパーチャ、f値)は、レンズの開口部の大きさを決定し、光の量と被写界深度(フォーカスの範囲)を制御します。建築写真では、建物全体に焦点を合わせるために、深い被写界深度が求められます。そのため、一般的にf/8からf/16の絞り値が推奨されます。この設定により、建物の前景から背景までがシャープに写る写真が撮れます。

シャッタースピードは、カメラのシャッターが開いている時間を制御し、露光量と動きのブレを調整します。明るい条件では高速シャッタースピード(1/250秒以上)が適していますが、薄暗い環境ではスローシャッタースピード(1/60秒以下)が必要です。三脚を使用することで、スローシャッタースピードでも手ブレを防ぎ、安定した撮影が可能です。

ホワイトバランスの調整

ホワイトバランスは、撮影するシーンの光源に応じて色のバランスを調整し、正確な色再現を行う設定です。建築写真では、建物の素材や周囲の光の色温度に合わせてホワイトバランスを調整することが重要です。具体的には、以下のようなシーンで設定を行います:

  1. 晴天時:デイライトモード(約5500K)を使用します。
  2. 曇天時:曇りモード(約6000-6500K)を使用し、暖かみを持たせます。
  3. 室内照明:タングステンモード(約3200K)や蛍光灯モード(約4000-5000K)を使用し、正確な色再現を行います。

また、カスタムホワイトバランスを設定することで、より正確な色再現が可能です。グレーカードやホワイトバランスカードを使用して、現場の光源に基づいた調整を行うことで、プロフェッショナルな仕上がりを実現します。

これらの設定を理解し適切に使用することで、建築写真において美しく、正確な画像を撮影することが可能です。建築写真の魅力を最大限に引き出すために、各設定を細かく調整し、最適な撮影条件を整えることが求められます。

撮影テクニック|驚くほど簡単にプロ級の写真が撮れる!撮影テクニック集

外観写真|建築写真撮影の建築写真テック

ベストな撮影時間と光の活用

ゴールデンアワー

日の出や日の入りの「ゴールデンアワー」は、建物が美しく照らされる絶好の時間帯です。特に、この時間帯には光が柔らかく温かみがあり、建物のディテールやテクスチャが強調されます。ゴールデンアワーの光は、長い影を作り出し、建物に深みと立体感を与えます。

ブルーアワー

ゴールデンアワーの前後にあるブルーアワーも素晴らしい時間帯です。特に、日の出前や日没後の薄明時は、空が深い青色に染まり、建物が幻想的に浮かび上がります。この時間帯の光は、自然光と人工光が混ざり合い、ユニークでドラマチックな効果を生み出します。

正午の光

日中の強い光は、コントラストが強く、影が濃くなるため、建物の形状やテクスチャを強調するのに適しています。ただし、直射日光はハイライトとシャドウのバランスを取るのが難しく、過度な露出や深い影が問題になることがあります。反射板や拡散板を使って光を調整し、自然な見え方を維持することが大切です。

構図とアングルの工夫

正面からの撮影
建物の対称性や幾何学的なラインを強調するために、正面から撮影する方法です。特に古典的な建築物やモダンな建物の場合、このアングルは構造の美しさを引き立てます。

斜めからの撮影
斜めから撮影することで、建物の奥行き感と立体感を強調できます。このアングルは、建物の一部が重なり合う様子や異なる面が見えるため、視覚的に豊かな表現が可能です。

低い位置からの撮影(ローアングル)
建物を威圧的かつ壮大に見せるために、地面に近い位置から撮影する方法です。特に高層建築やモニュメントに対して効果的で、建物の高さを強調します。

高い位置からの撮影(ハイアングル)
高所から俯瞰的に撮影することで、建物の配置や全体のレイアウトを視覚的に把握しやすくします。このアングルは、屋上やドローンを使用して撮影する場合に適しています。

反射とリフレクションの利用
水面やガラスの反射を利用することで、建物のユニークな視覚効果を得ることができます。反射を上手に使うことで、二重に映り込む建物や対称的な美しさを強調できます。

HDR撮影の方法

HDR(High Dynamic Range)撮影
HDR撮影は、異なる露出で撮影した複数の写真を合成し、広いダイナミックレンジを持つ写真を作成する技術です。これにより、明るい部分と暗い部分の両方を詳細に表現することができます。以下は、HDR撮影の具体的な方法です:

  1. 三脚を使用する
    三脚を使用してカメラを固定し、全ての撮影が同じ位置から行われるようにします。これにより、各露出写真のブレやズレを防ぎます。

  2. 露出ブラケティング
    カメラの露出ブラケティング機能を使用し、異なる露出(アンダー、適正、オーバー)の写真を撮影します。通常、±2EVの範囲で3枚以上の写真を撮るのが一般的です。

  3. HDRソフトウェアの使用
    撮影した写真をHDRソフトウェア(例えば、Adobe LightroomやPhotomatix)で合成します。ソフトウェアは、各写真の最適な部分を自動的に選択し、1枚のHDR画像に統合します。

  4. トーンマッピング
    合成後、トーンマッピングを行い、最終的な画像の明暗バランスや色彩を調整します。トーンマッピングは、写真全体のディテールを引き出し、自然な見え方を維持するために重要です。

レンズ歪み補正と透視補正のコツ

レンズ歪み補正
広角レンズを使用する場合、レンズの特性により画像の周辺部分が歪むことがあります。この歪みを補正するためには、以下の方法があります:

  1. シフトレンズの使用
    シフトレンズは、カメラの位置を動かさずにレンズだけを移動させることで、垂直線を直線に保ちながら撮影できます。特に高層建築や直線的な構造物の撮影に効果的です。

  2. 編集ソフトウェアの使用
    Adobe PhotoshopやLightroomなどの編集ソフトウェアを使用して、後処理でレンズ歪みを補正します。ソフトウェアには、レンズプロファイルが事前に組み込まれており、ワンクリックで歪み補正が可能です。

透視補正
建築写真では、建物の垂直線が正確に再現されることが重要です。以下の方法で透視補正を行います:

  1. シフトレンズの使用
    前述の通り、シフトレンズを使用することで、カメラの位置を動かさずに透視補正が可能です。これにより、建物が歪むことなく自然な形で撮影できます。

  2. 編集ソフトウェアの使用
    編集ソフトウェアで透視補正を行うことも一般的です。特に、建物の垂直線が傾いて見える場合、PhotoshopやLightroomの「遠近補正」機能を使用して、簡単に修正できます。

  3. 正確な水平・垂直確認
    撮影時にカメラの水平と垂直を正確に確認するために、電子水準器やバブルレベルを使用します。これにより、撮影時点での歪みを最小限に抑えます。

これらの撮影テクニックをマスターすることで、建築写真の品質を大幅に向上させることができます。建物の美しさや構造を正確に捉え、プロフェッショナルな仕上がりを目指しましょう。

撮影後の編集|写真が劇的に変わる!建築写真の編集テクニック大全

内観写真|建築写真撮影の建築写真テック

基本的な編集ソフトの使い方

Adobe Lightroom

  1. 写真のインポート
    写真をAdobe Lightroomにインポートするには、まずソフトウェアを開き、「ライブラリ」モジュールに移動します。画面左側の「インポート」ボタンをクリックし、写真を保存しているフォルダーを選択します。写真を選択したら、インポート設定を確認し、右下の「インポート」ボタンをクリックします。

  2. 基本的な調整
    写真をインポートした後、「現像」モジュールに移動して基本的な調整を行います。ここでは、露出、コントラスト、ハイライト、シャドウ、ホワイト、ブラック、彩度などの基本設定を調整します。各スライダーを動かして、写真の全体的なバランスを調整します。

  3. トーンカーブ
    トーンカーブを使用して、写真の明暗バランスを微調整します。トーンカーブは、全体的なコントラストやディテールを細かく調整するのに役立ちます。ポイントカーブを使用して、シャドウ、中間トーン、ハイライトをそれぞれ調整します。

  4. レンズ補正
    レンズ補正機能を使用して、レンズによる歪みや色収差を修正します。「レンズ補正」パネルを開き、「プロファイル補正を有効にする」をチェックし、カメラとレンズのプロファイルを自動的に適用します。手動での補正も可能です。

  5. ディテールの強調
    「ディテール」パネルを使用して、写真のシャープネスを調整します。適度なシャープネスを加えることで、写真のディテールがよりクリアに見えるようになります。ただし、過度なシャープネスはノイズを引き起こすため注意が必要です。

Adobe Photoshop

  1. 基本的なレタッチ
    Adobe Photoshopでは、写真の細部を手動でレタッチすることが可能です。クローンスタンプツールや修復ブラシツールを使用して、不要な要素を除去したり、写真の欠陥を修正します。

  2. レイヤーとマスクの活用
    Photoshopの強力な機能であるレイヤーとマスクを使用して、複雑な編集を行います。レイヤーを重ねることで、非破壊的な編集が可能です。マスクを使用して特定の部分にのみ編集を適用できます。

  3. 調整レイヤーの使用
    調整レイヤーを使用して、色や明るさ、コントラストなどの調整を行います。調整レイヤーは非破壊的であり、いつでも変更や削除が可能です。「レベル」、「カーブ」、「露光量」、「彩度」などの調整レイヤーを適用します。

  4. フィルターの適用
    Photoshopにはさまざまなフィルターがあり、写真に特別な効果を追加できます。「フィルターギャラリー」を使用して、ぼかし、シャープ、ノイズ除去などのフィルターを適用します。特に建築写真では、ディテールを強調するための「シャープ」フィルターがよく使用されます。

カラーコレクションの基本

色調整の重要性
色調整は、写真全体のバランスを整え、建物の特徴を正確に再現するために重要です。色調整は写真の雰囲気や印象を大きく変えることができるため、慎重に行う必要があります。

ホワイトバランスの調整
ホワイトバランスを適切に設定することで、写真の色が正確に再現されます。ホワイトバランスは、撮影時の光源に合わせて調整する必要があります。LightroomやPhotoshopでは、ホワイトバランスツールを使用して、白い部分をクリックすることで自動的に調整が可能です。

色温度と色被りの補正
色温度(ケルビン値)を調整することで、写真の全体的な色調を温かくしたり冷たくしたりできます。色被り補正スライダーを使用して、グリーンやマゼンタの色被りを補正します。これにより、写真の色が自然に見えるようになります。

HSL調整
HSL(色相、彩度、輝度)パネルを使用して、特定の色の調整を行います。例えば、建物の外壁の色を強調したり、空の青さを調整することができます。色相スライダーを使用して、色のトーンを変更し、彩度スライダーで色の鮮やかさを調整します。輝度スライダーで色の明るさを調整します。

カラーグレーディング
カラーグレーディングを使用して、写真全体のトーンやムードを統一します。LightroomやPhotoshopには、カラーグレーディングツールがあり、シャドウ、ハイライト、中間トーンそれぞれに異なる色を適用できます。これにより、写真の雰囲気を劇的に変えることが可能です。

レンズ歪み補正の方法

レンズプロファイル補正
編集ソフトウェアには、一般的なレンズのプロファイルが組み込まれており、ワンクリックで歪み補正が可能です。LightroomやPhotoshopで「レンズ補正」パネルを開き、「プロファイル補正を有効にする」を選択します。ソフトウェアが自動的にレンズ情報を検出し、補正を適用します。

手動補正
自動補正がうまく機能しない場合、手動での補正も可能です。Lightroomの「手動」タブを使用して、変形、垂直、水平のスライダーを調整し、歪みを修正します。Photoshopでは、「自由変形」ツールを使用して、手動で画像を引っ張ったり、引き伸ばしたりして補正を行います。

透視補正
建築写真では、透視補正も重要です。建物の垂直線が傾いて見える場合、Lightroomの「変形」ツールを使用して、水平や垂直のスライダーを調整し、透視補正を行います。Photoshopでは、「遠近補正」ツールを使用して、建物の垂直線を正確に修正します。

写真の保存と共有

高解像度での保存
最終的な編集が完了したら、高解像度で写真を保存します。これは、クライアントへの提出やポートフォリオの作成において非常に重要です。Lightroomでは、エクスポート時に「画質」を100%に設定し、「長辺」を指定して解像度を調整します。Photoshopでは、「ファイル」→「保存」または「別名で保存」を選択し、適切な形式と解像度を設定します。

ファイル形式の選択
高品質な写真を保存するためには、適切なファイル形式を選択することが重要です。一般的には、JPEG形式が広く使用されていますが、最高品質を維持するためにはTIFF形式やPNG形式が推奨されます。これらの形式は、圧縮による画質劣化が少なく、ディテールを保つことができます。

メタデータの付加
写真にメタデータを追加することで、撮影情報や著作権情報を保護します。LightroomやPhotoshopでは、メタデータパネルを使用して、カメラ設定や撮影場所、著作権情報を追加できます。これにより、写真の管理が容易になり、著作権侵害を防ぐことができます。

オンラインプラットフォームでの共有
編集した写真をオンラインで共有するために、各種プラットフォームを活用します。InstagramやFlickr、500pxなどの写真共有サイトは、ポートフォリオの公開やクライアントへのプレゼンテーションに適しています。

プロの撮影サービスを利用する方法|失敗しない!プロのカメラマンを選ぶための完全ガイド

内観写真|建築写真撮影の建築写真テック

プロカメラマンの選び方

1. 実績の確認

プロカメラマンを選ぶ際には、その実績を確認することが重要です。具体的には、以下のポイントに注意します。

  • ポートフォリオの確認
    プロカメラマンのウェブサイトやポートフォリオをチェックします。建築写真の専門性やスタイルが自分の希望に合っているかを確認します。多くのプロは自身のベストショットを掲載しているため、クオリティの高さや一貫性を判断するのに役立ちます。
  • 過去のプロジェクト 過去に手がけたプロジェクトの具体例を確認します。特に、自分が依頼したい建物の種類や撮影スタイルに似たプロジェクトがあるかどうかをチェックします。これにより、カメラマンが自分のニーズに対応できるかどうかを判断できます。
  • レビューと推薦状
    インターネット上のレビューやクライアントからの推薦状を確認します。Googleレビューや専門サイトの評価を参考にし、他のクライアントがどのような経験をしたのかを理解します。信頼性やコミュニケーションの質、納期遵守など、実際の仕事ぶりを知ることができます。

2. スキルと専門性

  • 技術的スキル 建築写真には高い技術が要求されます。広角レンズの使用や透視補正、HDR撮影などの技術が必要です。カメラマンがこれらの技術を熟知しているかどうかを確認します。また、最新の機材を使用しているかどうかもチェックポイントです。
  • 芸術的センス 建築写真は技術だけでなく、芸術的な視点も重要です。構図や光の使い方、色彩感覚など、カメラマンの芸術的センスを評価します。ポートフォリオからそのセンスを読み取り、自分のイメージに合うかどうかを判断します。

依頼時の注意点

1. 契約内容の確認

  • 詳細な見積もり
    カメラマンに依頼する際には、詳細な見積もりを取得します。料金には撮影費用、編集費用、交通費、機材レンタル費用などが含まれているか確認します。また、追加料金の発生条件についても事前に確認します。
  • 契約書の作成
    口頭契約ではなく、正式な契約書を作成します。契約書には、撮影日時、納品形式、著作権の取り扱い、キャンセルポリシーなど、全ての条件を明記します。これにより、後々のトラブルを防ぐことができます。

2. コミュニケーション

  • 事前打ち合わせ
    撮影前にカメラマンと詳細な打ち合わせを行います。撮影の目的、期待する結果、特に強調したい部分や注意点などを伝えます。また、撮影場所の下見を一緒に行うことで、具体的な撮影プランを立てやすくなります。
  • 継続的な連絡
    撮影当日だけでなく、撮影後の編集プロセスでも継続的に連絡を取ります。進捗状況を確認し、必要な修正や追加の要望をタイムリーに伝えることで、満足度の高い結果を得ることができます。

3. 納期の確認

  • 納品スケジュール 納品のスケジュールを明確に設定します。撮影後の編集作業にかかる時間を考慮し、リアルな納期を設定します。また、緊急の場合には、追加料金で早期納品が可能かどうかを確認します。
  • テストショット 撮影前にテストショットを依頼し、カメラマンの撮影スタイルや技術を確認します。テストショットを基に最終的な撮影の方向性を決定し、納品までのプロセスをスムーズに進めることができます。

4. トラブル防止

  • 予備日を設定 天候やその他の予期せぬ事態に備えて、予備日を設定します。特に外観撮影では天候の影響が大きいので、予備日の設定は重要です。
  • 契約違反時の対応 契約書に、万が一契約違反が発生した場合の対応方法を明記します。これにより、問題が発生した場合でも、冷静に対応するための指針が得られます。

まとめ

プロの撮影サービスを利用する際には、カメラマンの選び方から契約内容の確認、コミュニケーション、納期の管理、トラブル防止策まで、様々なポイントに注意することが重要です。これらのポイントを押さえることで、高品質な建築写真を取得し、プロジェクトの成功に繋げることができます。

 

よくある質問と回答(FAQ)|初心者からプロまで!建築写真に関するFAQ完全攻略

内観写真|建築写真撮影の建築写真テック

建築写真撮影に適したカメラはどれですか?

フルフレームカメラが推奨されます

フルフレームカメラのメリット フルフレームカメラは、35mmフィルムサイズのセンサーを持ち、より高い画質と広いダイナミックレンジを提供します。これにより、建築物のディテールや質感を正確に捉えることが可能です。

具体的なモデル

  • Canon EOS R5: 45メガピクセルの高解像度センサーと8K動画撮影が可能で、ディテールを細部まで捉えます。
  • Nikon Z7 II: 45.7メガピクセルのセンサーと優れたオートフォーカス性能を持ち、建築写真に適しています。
  • Sony A7R IV: 61メガピクセルの高解像度センサーと強力なオートフォーカスシステムを備え、プロフェッショナルな結果を提供します。

なぜフルフレームカメラが良いのか

  • 高解像度: より多くのピクセルがあるため、細部まで鮮明に写ります。
  • 広いダイナミックレンジ: 明暗差の激しいシーンでも詳細を捉えることができます。
  • 低ノイズ性能: 大きなセンサーにより、低ISO感度でも高画質を保ちます。

広角レンズとシフトレンズの違いは何ですか?

広角レンズは広い視野角、シフトレンズは透視補正

広角レンズの特徴

  • 視野角: 一般に16-35mmの範囲で、広範囲を一度に捉えられます。
  • 用途: 建物全体や大規模な構造物の撮影に適しています。
  • 代表的なレンズ: Canon EF 16-35mm f/2.8L III USM、Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED、Sony FE 16-35mm f/2.8 GM。

シフトレンズの特徴

  • 透視補正: レンズを上下左右にシフトさせることで、建物の垂直線を補正します。
  • 用途: 歪みのない建築写真を撮影するために不可欠です。
  • 代表的なレンズ: Canon TS-E 24mm f/3.5L II、Nikon PC NIKKOR 19mm f/4E ED、Samyang T-S 24mm f/3.5 ED AS UMC。

違いと使い分け

  • 広角レンズは、広い視野角でダイナミックな写真を撮るのに適しています。
  • シフトレンズは、特に垂直線の歪みを避けたい場合に使用されます。建物の正確な形状を保つために重要です。

ISO感度の設定はどのように行いますか?

低ISO感度(100-400)を設定する

ISO感度の基本 ISO感度は、カメラのセンサーが光を感知する感度を示します。低ISO感度(100-400)は、ノイズを最小限に抑えるために使用されます。建築写真では、クリアでシャープな画像が求められるため、可能な限り低いISO感度が推奨されます。

設定方法

  • 明るい条件: ISO 100-200が適しています。これにより、最も低いノイズレベルで撮影できます。
  • 薄暗い条件: ISO 400まで上げることで、必要な光を捉えつつ、ノイズを最小限に抑えます。
  • 長時間露光: 三脚を使用してシャッタースピードを長くすることで、ISO感度を低く保ちながらも明るい写真を撮影できます。

注意点

  • 高ISO感度はノイズが増えるため、建築写真では避けるべきです。必要に応じて三脚や補助照明を使用して、低ISO感度を維持しましょう。

撮影に適した時間帯はいつですか?

ゴールデンアワーがおすすめ

ゴールデンアワーの魅力 日の出や日の入り前後の「ゴールデンアワー」は、最も美しい光が得られる時間帯です。この時間帯の光は柔らかく温かみがあり、建物のディテールやテクスチャを強調します。

メリット

  • 柔らかい光: ハードな影が少なく、被写体が柔らかく照らされます。
  • 暖色のトーン: 温かみのある色調が建物の質感を際立たせます。
  • 長い影: 建物に深みと立体感を与え、ドラマチックな効果を生み出します。

その他の適した時間帯

  • ブルーアワー: 日の出前や日没後の薄明時は、空が深い青色に染まり、建物が幻想的に浮かび上がります。
  • 正午の光: 強い光はコントラストが高く、影が濃くなるため、建物の形状やテクスチャを強調しますが、ハードな影には注意が必要です。

撮影の準備

  • 事前に撮影場所を訪れ、日の出や日の入りの正確な時間を確認します。ゴールデンアワーの時間は季節や場所によって異なるため、計画的に行動することが重要です。

これらの詳細な説明により、建築写真撮影における機材選びや設定、撮影時間の選定が理解しやすくなります。

ホワイトバランスの調整方法は?

撮影時の光源に応じてホワイトバランスを設定

ホワイトバランスの重要性 ホワイトバランスは、写真の色温度を調整し、光源による色の偏りを補正する設定です。これにより、写真の色が自然で正確に再現されます。

色温度の概念 色温度はケルビン(K)で表され、光の色合いを示します。低いケルビン値は暖色(赤み)、高いケルビン値は寒色(青み)を示します。

設定方法とモード

  • デイライトモード(約5500K): 晴天時に使用。自然光の色温度に合わせます。
  • 曇りモード(約6000-6500K): 曇天時に使用。青みを抑え、暖かい色合いを提供します。
  • タングステンモード(約3200K): 白熱電球の下で使用。暖色を抑えて正確な色再現をします。
  • 蛍光灯モード(約4000-5000K): 蛍光灯の下で使用。緑色の色被りを補正します。
  • カスタムホワイトバランス: グレーカードやホワイトバランスカードを使用して、特定の光源に最適な設定を行います。

実践的な調整 撮影現場で光源を確認し、カメラのホワイトバランス設定を調整します。特に異なる光源が混在する場合、カスタムホワイトバランスが役立ちます。撮影後でも、RAW形式で撮影していれば、編集ソフトでホワイトバランスを調整できます。

内観写真|建築写真撮影の建築写真テック

建築写真でよく使う編集ソフトは何ですか?

Adobe LightroomやPhotoshopが一般的

Adobe Lightroom

  • 基本調整: 露出、コントラスト、ハイライト、シャドウの調整が簡単に行えます。
  • カタログ管理: 大量の写真を効率的に管理できます。タグ付けやフィルタリングが容易です。
  • 非破壊編集: 元の画像を変更せずに編集できるため、後から調整を変更可能です。

Adobe Photoshop

  • 詳細な編集: レイヤーやマスクを使用して、細部の編集が可能です。建築写真のディテールや特定の部分の補正に適しています。
  • 高機能フィルター: シャープ、ぼかし、ノイズ除去など、高度なフィルターが利用できます。
  • 合成とレタッチ: 複数の画像を合成したり、不要なオブジェクトを消去する機能が充実しています。

用途に応じた使い分け Lightroomは全体的な管理と基本調整に適しており、Photoshopは詳細な編集と特殊効果の追加に最適です。両方のソフトを併用することで、効率的かつ高度な編集が可能です。

HDR撮影とは何ですか?

異なる露出で撮影した複数の写真を合成する技術

HDR(High Dynamic Range)撮影の基本 HDR撮影は、異なる露出設定で撮影した複数の写真を合成して、広いダイナミックレンジを持つ写真を作成する技術です。これにより、明暗差の大きいシーンでもシャドウやハイライトのディテールを豊かに表現できます。

ステップバイステップガイド

  1. 三脚を使用: カメラを安定させ、同じ構図で複数の露出で撮影します。
  2. 露出ブラケティング: カメラの露出ブラケティング機能を使い、異なる露出で連続撮影します(例:-2EV、0EV、+2EV)。
  3. ソフトウェアで合成: Adobe LightroomやPhotoshopを使用して、撮影した複数の写真を合成します。これにより、広いダイナミックレンジを持つ最終画像が作成されます。

実践的な応用 HDR撮影は、特に室内と外の明暗差が大きいシーンや、夕日を背景にした建築写真に有効です。適切なHDR合成により、自然でリアルな表現が可能になります。

レンズ歪み補正はどのように行いますか?

編集ソフトでレンズプロファイル補正を使用

レンズ歪みの原因 広角レンズや特定のレンズ設計により、画像の端が湾曲する「樽型歪み」や中央部分が凹む「枕型歪み」が発生します。

補正方法

  • レンズプロファイル補正: Adobe LightroomやPhotoshopには、多くのレンズのプロファイルが組み込まれており、自動的に歪みを補正します。これにより、ワンクリックで簡単に歪みを修正できます。
  • 手動補正: 自動補正が適切でない場合、手動での調整も可能です。Lightroomの「変形」タブやPhotoshopの「自由変形」ツールを使用して、細かく調整します。

実践的な適用 撮影後、編集ソフトを開き、レンズプロファイル補正を適用します。手動で微調整を行い、垂直線や水平線が正確に再現されるようにします。これにより、建築写真の正確性と美しさが向上します。

建築写真撮影で気を付けるべき構図のポイントは?

構図の工夫で建物の特徴を引き立たせる

正面からの撮影で対称性を強調 建物の正面から撮影すると、シンメトリー(対称性)を強調できます。特にクラシックな建築物やモダンなデザインの建物で効果的です。

斜めからの撮影で奥行きを出す 斜めの角度から撮影すると、建物に奥行きと立体感が生まれます。遠近法を利用し、構図に深みを与えます。

低い位置からの撮影で高さを強調 地面に近い低い位置から撮影することで、建物の高さを強調できます。これは特に高層ビルやタワーなどに適しています。

フレーミングとリーディングライン フレーミング技法を使って建物を囲う要素を活用し、視線を建物に誘導します。リーディングライン(導線)を利用して、視聴者の目を写真の中心へと導きます。

自然環境を活かす 周囲の自然環境を取り入れることで、建物の魅力を引き立てます。木々や空など、自然の要素を構図に加えることで、写真にバランスと美しさをもたらします。

外観撮影に最適な三脚はどれですか?

安定性とポータビリティに優れた三脚

Manfrotto MT055XPRO3

  • 特徴: 高い安定性、クイックパワーロックシステムで簡単に脚を固定できます。
  • 用途: プロフェッショナルな外観撮影に最適。

Gitzo GT2542 Mountaineer

  • 特徴: カーボンファイバー製で軽量かつ頑丈。安定性に優れています。
  • 用途: 屋外でのポータビリティが求められるシーンに適しています。

Benro Travel Angel FTA28CV1

  • 特徴: 旅行用にデザインされた軽量で持ち運びやすい三脚。コンパクトに収納可能。
  • 用途: 移動が多い撮影や旅行に最適。

選び方のポイント 安定性が重要なため、風の強い日でも揺れない三脚が必要です。また、持ち運びやすさも考慮し、撮影現場への移動がスムーズに行えるものを選びます。

プロのカメラマンを選ぶ際に確認すべきポイントは?

実績、ポートフォリオ、レビュー、推薦状を確認

ポートフォリオ カメラマンの過去の作品を確認し、撮影スタイルや技術を評価します。建築写真のポートフォリオは、そのカメラマンの得意分野や品質を直接見るための重要な資料です。

レビュー オンラインレビューや口コミを確認し、他のクライアントの満足度を確認します。信頼できるサイトやプラットフォームでのレビューが役立ちます。

推薦状 推薦状や参考資料を求めることで、カメラマンの信頼性やプロフェッショナリズムを評価します。これには過去のクライアントや業界関係者からの推薦が含まれます。

技術と設備 使用するカメラやレンズ、その他の機材の品質も重要です。最新の機材を使いこなしているカメラマンは、技術力が高いと考えられます。

コミュニケーション能力 カメラマンとのコミュニケーションが円滑であるかどうかも重要です。依頼内容や要望を正確に伝え、共通理解を持てるカメラマンを選びましょう。

撮影サービスの契約時に注意すべきことは?

契約内容、見積もり、納期、キャンセルポリシーを確認

契約内容 撮影内容、納品物、使用権などの詳細を明記した契約書を作成します。これにより、双方の誤解を防ぎます。

見積もり 撮影費用、編集費用、交通費などの詳細な見積もりを確認します。追加費用が発生する場合の条件も確認しましょう。

納期 納品までのスケジュールを明確にし、具体的な納期を設定します。遅延が発生した場合の対応も事前に確認しておきます。

キャンセルポリシー キャンセルや日程変更が必要になった場合の対応を事前に確認します。キャンセル料や変更手数料などの条件を契約書に明記します。

その他の重要事項

  • 著作権: 写真の使用権や著作権について明確にします。
  • バックアップ: 撮影データのバックアップポリシーを確認し、データ保護のための対策を講じます。

編集後の写真の保存方法は?

高解像度で保存しメタデータを追加

高解像度保存 写真を高解像度で保存することで、プリントや大きなディスプレイでも品質を保てます。JPEG形式ではなく、可能であればTIFF形式で保存することで、劣化を防ぎます。

メタデータの追加

  • 著作権情報: カメラマンの名前、著作権の有無、連絡先情報などを含めます。
  • 撮影情報: 撮影日時、カメラの設定、場所情報などをメタデータに追加します。

バックアップ 複数の場所にバックアップを保存します。クラウドストレージや外部ハードドライブに定期的にバックアップを取ることで、データの消失を防ぎます。

ファイル管理 整理されたフォルダ構造を作成し、プロジェクトごとに分類します。ファイル名にも情報を含めることで、後で簡単に検索・アクセスできるようにします。

内観写真|建築写真撮影の建築写真テック

写真のオンライン共有プラットフォームは何がありますか?

Instagram、Facebookが一般的

Instagram

  • 特徴: 画像に特化したSNSで、多くのフォロワーを獲得しやすい。フィルター機能やハッシュタグを活用して多くの人に写真を見てもらうことができる。
  • 使い方: 写真に適切なタグや説明を追加し、ストーリーズやフィードに投稿する。ストーリーズは24時間で消えるため、日常のシーンをシェアするのに適している。

Facebook

  • 特徴: 長文の説明を付け加えることができ、アルバム機能で整理できる。ターゲットを絞った広告機能を活用して、特定のオーディエンスに写真を届けることが可能。
  • 使い方: アルバムにまとめて投稿し、友達やフォロワーにシェアする。グループ機能を活用して、同じ興味を持つコミュニティに写真を共有する。

自社サイト

  • メリット: ブランドの信頼性向上、SEO効果が期待できる。写真の詳細な説明や事例を掲載することで、訪問者に深い理解を促すことができる。
  • 活用方法: ギャラリーページを作成し、カテゴリごとに整理する。写真のメタデータや撮影背景を記載し、コンテンツの価値を高める。

カラーコレクションの基本とは?

ホワイトバランス、色温度、色被り補正、HSL調整

ホワイトバランス

  • 目的: 撮影時の光源の色を調整し、自然な色合いを再現する。デイライト(晴天)、タングステン(電球)、フラッシュなどの設定がある。
  • 調整方法: 撮影環境に合わせてホワイトバランスを設定する。手動調整も可能で、グレーカードを使用して正確なホワイトバランスを取得する。

色温度

  • 目的: 写真の色温度(ケルビン値)を調整し、温かみや冷たさを表現する。低いケルビン値(2000-3000K)は暖色系、高いケルビン値(6000K以上)は寒色系を示す。
  • 調整方法: 編集ソフトで色温度スライダーを使用して調整する。撮影時にカメラの設定を変更することも可能。

色被り補正

  • 目的: 不自然な色被りを除去し、正確な色再現を行う。例えば、蛍光灯の下で撮影すると緑がかった色被りが発生することがある。
  • 調整方法: 編集ソフトの色被り補正機能を使用して、適切な色合いに調整する。

HSL調整(Hue, Saturation, Lightness)

  • 目的: 各色相の色味(Hue)、彩度(Saturation)、明度(Lightness)を調整し、写真全体のカラーバランスを整える。
  • 調整方法: LightroomやPhotoshopのHSLスライダーを使用し、各色のバランスを微調整する。特定の色を強調したり、抑えたりすることができる。

カラーグレーディング

  • 目的: 映画のような特定の雰囲気を写真に与えるための高度な色調整技法。カラーグレーディングを用いて、写真に統一感や感情を持たせることができる。
  • 調整方法: カラーグレーディングツールやルックアップテーブル(LUT)を使用し、写真全体の色調を細かく調整する。

建築写真の透視補正はどう行いますか?

シフトレンズや編集ソフトで垂直線を自然に補正

シフトレンズの使用

  • 特徴: シフトレンズは、カメラの位置を動かさずにレンズの位置を調整できる特殊なレンズ。建物の垂直線を自然に保ちながら、歪みを抑えて撮影できる。
  • 使い方: シフトレンズのシフト機能を使い、カメラの角度を変えずにレンズを上下左右に動かして構図を調整する。特に高層建築や内部空間の撮影に有効。

編集ソフトの使用

  • Lightroom: 編集パネルの「レンズ補正」セクションで、「変形」ツールを使用して、垂直補正や水平補正を行う。オート機能を使うと自動で調整してくれる。
  • Photoshop: 「自由変形」ツールや「遠近補正」フィルターを使用し、手動で垂直線や水平線を補正する。詳細な調整が可能で、微細な歪みも修正できる。

遠近法の理解

  • 特徴: 建物の遠近法を理解し、正確に補正することが重要。透視図法や1点透視、2点透視の原理を理解しておくと、補正の際に役立つ。
  • 方法: 写真を見ながら遠近法のガイドラインを設定し、それに沿って編集ソフトで調整する。実際の建物の形状に近づけることが目標。

撮影前に必要な準備は?

機材の点検、撮影場所の下見、撮影プランの確認

機材の点検

  • 重要性: 撮影中に機材の不具合が発生しないよう、事前にカメラ、レンズ、バッテリー、メモリーカードなどの機材を点検する。予備の機材も用意しておく。
  • チェックリスト: バッテリーの充電状態、メモリーカードの容量、レンズの清掃、カメラの設定確認(ISO、ホワイトバランス、絞り値など)。

撮影場所の下見

  • 重要性: 撮影場所を事前に訪れ、光の入り方や撮影アングルを確認する。天候や時間帯による光の変化を把握し、最適な撮影時間を決定する。
  • 方法: 建物の外観と内観を詳細に観察し、撮影ポイントをメモしておく。周辺環境や背景の要素も確認し、不要なものを避ける計画を立てる。

撮影プランの確認

  • 重要性: 撮影の目的やクライアントの要望を再確認し、具体的な撮影プランを立てる。必要なショットリストを作成し、優先順位を決める。
  • 方法: クライアントと詳細な打ち合わせを行い、希望するアングルやシーンを確認する。撮影スケジュールを組み、撮影順序を決定する。

テストショット

  • 重要性: 撮影当日の光の状態やカメラの設定を確認するため、テストショットを実施する。これにより、撮影本番での調整がスムーズになる。
  • 方法: 現場で実際に撮影を行い、画像を確認する。必要に応じて設定を調整し、本番に備える。

プロのカメラマンに依頼する際のコミュニケーションの重要性

詳細な打ち合わせと継続的な連絡が重要

詳細な打ち合わせ

  • 目的の共有: 撮影の目的や期待する結果を明確に伝える。具体的なイメージやスタイルを共有し、撮影の方向性を一致させる。
  • プロジェクトの詳細確認: 撮影場所、時間、必要な機材、撮影対象など、具体的な項目を事前に確認する。これにより、撮影当日のトラブルを未然に防ぐ。
  • 要望の具体化: クライアントの具体的な要望を詳細に聞き出し、それに応じた撮影プランを立てる。特定のアングルやシーンの要望、どのような感情や雰囲気を伝えたいのかを明確にする。

継続的な連絡

  • 進捗報告: 撮影の進捗状況を随時報告する。これにより、クライアントは現在の進捗を把握でき、不安を軽減できる。
  • 問題解決: 撮影中に発生する可能性のある問題や変更点について、速やかに報告し、解決策を協議する。迅速な対応が可能になる。
  • フィードバックの受け入れ: クライアントからのフィードバックを適宜受け入れ、必要な修正を行う。これにより、最終的な成果物の品質を高めることができる。

内観写真|建築写真撮影の建築写真テック

建築写真の撮影で避けるべき一般的なミス

機材の適切な使用

  • 不適切な機材選び: 建築写真には特定のレンズ(シフトレンズなど)や三脚が必要。適切な機材を選び、使い方をマスターすることが重要。
  • 機材の点検不足: 撮影前にカメラ、レンズ、バッテリー、メモリーカードの状態を確認し、不具合を防ぐ。予備の機材を用意することも推奨される。

構図の工夫

  • 単調な構図: 建物の特性を引き立てるために、正面、斜め、低い位置など多様なアングルから撮影する。対称性や奥行きを意識した構図を選ぶ。
  • 重要なディテールの見落とし: 建物の特徴やディテールを強調する構図を選び、魅力を最大限に引き出す。

光の使い方

  • 不適切な光の選び方: 撮影時間を考慮し、自然光や人工光を効果的に使う。ゴールデンアワー(朝日や夕日の時間帯)を利用することで、建物を美しく撮影できる。
  • シャドウや反射のコントロール不足: 影や反射が強すぎる場合、レフ板やストロボを使用してバランスを取る。

ホワイトバランスの設定

  • 不正確なホワイトバランス: 撮影場所の光源に応じてホワイトバランスを調整し、自然な色合いを再現する。事前にグレーカードを使って正確な設定を確認する。

建築写真のポートフォリオを作成する際のポイント

高品質な写真を選ぶ

  • 画質の確保: 高解像度の写真を使用し、ピクセルの荒さを避ける。プロフェッショナルな印象を与えるため、画質に妥協しない。
  • 多様なアングル: 様々な視点から撮影された写真を含める。建物の外観、内観、ディテール、夜景など、多様なシーンを収める。

説明を付けて整理

  • 詳細な説明文: 各写真に対して、撮影場所、撮影日時、使用機材、撮影意図などの詳細な説明を付ける。これにより、写真の背景や意図が伝わりやすくなる。
  • クライアントやプロジェクトごとの分類: ポートフォリオをクライアントやプロジェクトごとに分類し、見やすく整理する。これにより、閲覧者が目的の写真を簡単に見つけられるようになる。

プロフェッショナルなレイアウト

  • 視覚的に整ったレイアウト: ポートフォリオ全体のレイアウトを統一し、プロフェッショナルな印象を与える。フォントやカラーを統一し、ページデザインに統一感を持たせる。
  • オンラインとオフラインの活用: オンラインポートフォリオを作成し、ウェブサイトやSNSで公開する。また、印刷したハードコピーのポートフォリオも準備し、直接クライアントに見せる機会を作る。

これらのポイントを詳細に把握し、実践することで、建築写真の撮影プロセスと成果物の品質を大幅に向上させることができます。

まとめ|今日から実践!建築写真の成功へのステップまとめ

外観写真|建築写真撮影の建築写真テック

この記事では、建築写真の外観撮影に関する重要なポイントを詳しく解説しました。以下に要点をまとめます。

  1. 建築写真の基礎知識: 建築写真の重要性と基本的な概念について学びました。
  2. 外観撮影に必要な機材: 初心者向けカメラやレンズ、三脚と照明の選び方とその使い方を解説しました。
  3. 撮影の基本設定: ISO感度、絞り値、シャッタースピード、ホワイトバランスの設定方法について詳しく説明しました。
  4. 撮影テクニック: 最適な撮影時間、光の活用法、構図とアングルの工夫、HDR撮影、レンズ歪み補正のコツを紹介しました。
  5. 撮影後の編集: 基本的な編集ソフトの使い方、カラーコレクション、レンズ歪み補正、写真の保存と共有方法を説明しました。
  6. プロの撮影サービスを利用する方法: プロカメラマンの選び方、依頼時の注意点、契約内容の確認、コミュニケーションの重要性、納期の管理、トラブル防止策について解説しました。

建築写真撮影は建築写真テックへ!

外観写真|建築写真撮影の建築写真テック

建築写真テックでは、建築写真を用いたWebマーケティングだけではなく、建築写真撮影専門のカメラマンによる建築写真撮影も行っています。

名古屋を拠点とし、岐阜・三重を始め全国で対応可能です。

ただ撮影するのではなく、どの様なターゲットにどの様な想いを届けるのか。を第一に考え撮影いたします。ぜひお問い合わせください!

 

運用開始までの流れ

  1. 1

    お打ち合わせ
    ヒアリング

    担当者よりご連絡いたします。
    ご希望内容、御社の経営課題のヒアリング、私たちの詳細なご紹介・事例の紹介等をさせていただきます。

  2. 2

    ご契約

    ご契約書をご確認いただき、ご契約を取り交わさせていただきます。

  3. 3

    運用開始

    ご契約プランに沿った施策提案を行います。
    毎月のミーティングで新規ご提案・振り返りを行っていきます。

まずはヒアリングを
させていただきます
お気軽にご相談ください!

ご相談は無料です!

大変ありがたいことに、多数のご依頼を頂いております。
ご依頼いただいている案件に注力するために、マーケティング・運用の新規受付を一時ストップしております。
建築写真撮影のみの受付(半日 65,000円〜、終日 80,000円〜)となりますことをご承知おきください。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

料金に関するよくあるご質問

Q

料金プランを途中で変更することはできますか?

A

可能です。
ご要望に応じてプランを再提案させていただきます。
※ご契約後初めの6ヶ月間のプラン変更はできません。

Q

請求書対応は可能ですか?

A

可能です。
月末締め翌月末お支払にてお願いしております。

Q

たくさん棟数があるので安くして欲しい

A

可能な限り対応いたします。まずはご相談ください。